とても楽しみにしていた高校の修学旅行、そこでまさかの惨劇が起こってしまったのです。
クラスごとに大きな風呂に入る事になったのですが、その時に、チンコの事をお笑われてしまったのでした。
そうなんです、自分のチンコは完全に包茎でそれを見た同級生たちがゲラゲラ笑い出してしまいました。
「なんだよ、皮が被っているのかよ」
一斉に笑われてしまったことがとてもショックで、修学旅行がとても辛いそして暗いものになってしまったのでした。
本気でバカにしていたのではないのかもしれませんけれど、しかし、それでもやはり笑われてしまった事にはショックを受けてしまうものです。
それがきっかけなんじゃないかと思うんですが、まだ女の子とセックスをしていません。
チンコはコンプレックスになってしまってたために、思い切って包茎手術も受けてしまったほどなのです。
これでコンプレックスを消し去り、女の子のオマンコを堪能することができるに違いないって思っていたのです。
しかし、しかしですよ、世の中そんなに甘いものではなかったのでした。
手術跡がなんと、ツートンカラーになってしまったのでした。
これを見られたら、手術をしたことが見えみえですからね、余計に女の子に馬鹿にされちゃうんじゃないのか?って言う気持ちになってしまっていたのでした。
どうしても童貞卒業したいし、初体験もしたくてムラムラしている状態はあったのですから、何とかならないものかと頭を悩ませるようになっていたのです。
そこでネット検索をしてみたのですが、何と自分と同じような経緯を持っている男が、童貞狩りが好きな女の子を見つけて無事に初体験をすることに成功したと言う事が書かれていたのです。
筆おろししたいと思っている女の子はネット上には間違いなくいるらしく、知り合うことができたら童貞卒業が可能だと書かれていたのでした。
さらに、童貞のふりをすることで、その後もセックスを気軽にエンジョイしているなんて書いてあるんです。

 

 自分と同じ悩みを持っている男がいて、そんな彼がネットを使ってセックスをすることに成功したらしく、自分も初体験に向けて動き出す気持ちになりました。
童貞が大好きな女の子が見つかるし、さらに童貞のふりをすることでセックスを楽しみまくっていく事ができる、つまりこれでスキルアップまで狙えるわけですよね。
自分もネットを使って童貞卒業のための活動をやってみることにしたのです。

 

 

名前:康之
性別:男性
年齢:20歳
プロフィール:
 現在20歳の大学生、早く童貞を卒業したいとは思うものの積極的な行動が取れませんでした。
それというのも草食系だからではなく、チンコにコンプレックスを持っていたからなんです。
実は高校生の修学旅行の時、風呂で包茎チンコを見られてしまって笑われてしまった経緯があったからなのです。
そこで思い切ってバイト代を貯蓄して、包茎手術を受けたまでは良かったのですが…。